スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

早稲田実、秋季都大会への出場辞退 春の選抜は絶望的に

2019年9月14日12時16分

シェア

 高校野球の名門で甲子園常連校の早稲田実(東京都国分寺市)は14日、開催中の秋季東京都高校野球大会への出場を辞退したと発表した。学校側は詳細を明らかにしていないが、複数の野球部員による問題行動があったためという。秋季大会の結果が選考材料になる来春の選抜大会出場は絶望的になった。

 同校によると、今月12日に都高校野球連盟に秋季大会辞退を届け出て、受理された。15日に1次予選の初戦が予定されていた。同校の広報担当者は問題行動の中身や関わった複数選手の情報について「教育上の観点から答えられない」としている。日本学生野球協会は13日に高校15件の処分を決めたが、このうち9月12日から3カ月の対外試合禁止処分となった校名・都道府県名非公表の学校が早稲田実とみられる。

 早稲田実は夏の甲子園に29回出場し、1度優勝。春は出場21回で優勝を1回果たしている。卒業生には、プロ野球・ソフトバンクの王貞治会長や日本ハムの斎藤佑樹投手、清宮幸太郎選手らがいる。

 同校の村上公一校長は「心からお詫(わ)び申し上げる。今回の件を厳粛に受け止め、今後はさらにきめ細かくまた手厚い生徒指導を心がけていく」などと文書で発表した。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン