スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明石商、2年コンビに夏の宿題 敗退に「もっと上みる」

2019年8月20日13時50分

シェア

 (20日、高校野球 履正社7―1明石商)

 3季連続出場の明石商(兵庫)は20日の準決勝で履正社(大阪)に序盤の猛攻を許し、春夏通じて初の決勝進出はならなかった。投打でチームを引っ張ってきた2年生コンビには、夏の「宿題」が残った。

 明石商のエース中森俊介君(2年)は、今大会3試合ぶりの先発マウンドで一回表から苦しんだ。前戦まで全試合2桁安打の履正社打線に対し、変化球でかわす。だが、際どい球を見極められ、甘い球を狙われた。6長短打で4失点。「警戒しすぎて、上半身に力が入りすぎた」。二回以降立ち直ったが及ばなかった。

 直後の攻撃。明石商の先頭打者、来田涼斗君(2年)が中越え本塁打を放つ。「1点でも多く中森にやりたかった」。チームを鼓舞する一振りだった。

 部員100人を超す大所帯の明石商で2人は1年夏から甲子園を経験。昨夏の1回戦、八戸学院光星(青森)に延長で敗れたとき、決勝点を許したのは救援した中森君。来田君のミスも絡んだ。この敗戦が2人の意識を変えた。

 「僕のせいで負けてしまった」と自らを責めた中森君は、苦手だった筋力トレーニングに重点を置いた。体幹の強化で体の軸が安定し、制球力に磨きがかかった。今春の選抜大会ではエースとして4強入りに貢献。今大会の準々決勝では自己最速の151キロを計測するなど、大会屈指の右腕として評価を高めた。

 来田君も鍛錬した。冬場は一日に8合の米を食べ、体重を7キロ増やして82キロに。階段や坂道で下半身を鍛えあげた。選抜大会では1試合で先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を放つ離れ業を演じたのを始め、走攻守そろう外野手として18歳以下日本代表候補に選ばれるまでに成長した。

 今大会すべて1点差で勝ち上がってきた明石商だが、初回の攻防が明暗を分けた。狭間善徳監督は「中森で負けたら仕方がない」。2人に対しては「高みをめざして頑張ってほしい。2人とも不器用なんでね」と期待した。

 チームは春に続き、準決勝で甲子園を去ることになった。「ベスト4で止まったらあかん。もっと上をみてやる」と来田君。中森君は「自分の実力不足。日本一になるにはもっと苦しい思いをしないといけない」と力を込めた。(武田遼)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン