スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

後攻招く「じゃんけんの神様」次はグラウンドで貢献目標

2019年8月20日16時24分

シェア

 ■明石商・成富翔投手(2年)

 履正社との準決勝前の甲子園の室内練習場。主将の重宮涼さんが近寄ってきた。「じゃんけんほい」。僕はグー、重宮さんはチョキ。僕が勝ち、アドバイスした。「今日はパーでいきましょう」

 しばらくして、戻ってきた重宮さんがみんなに言った。「後攻やで」。そして僕とグータッチ。先攻後攻を決めるじゃんけんに勝ったのだ。ホッとした。守備からリズムを作るので後攻を選びたい。選べるかどうかは、僕とのじゃんけんの結果で決まるようなものだから。

 不思議なことに、重宮さんはじゃんけんで僕に負けたとき必ず相手主将に勝つ。逆に僕に勝つと必ず相手主将に負ける。重宮さんが僕にじゃんけんを持ちかけてきたのは兵庫大会2回戦だった。気まぐれらしい。この日までの11試合の中で、僕が勝った8試合は全て後攻をつかみとってきた。重宮さんは僕を「じゃんけんの神様」と呼んでくれる。

 僕はじゃんけんに強い。直感で出しているだけだけど。今春の選抜後、部内で打撃用の手袋をかけたじゃんけんがあった。2年生39人の中で勝ち残り、手に入れた。でも、このじゃんけんの強さでチームに貢献するのもこの日がたぶん最後だ。今度はグラウンドの中で貢献できる選手になりたい。劣勢でも長打を放ち、声を出し続けていた重宮さんのように。(内田快)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン