スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

履正社の兵庫出身選手、幼なじみもいる明石商との対戦に

2019年8月20日07時28分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高野連主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で、履正社(豊中市)は大会第13日の20日、準決勝で明石商(兵庫)と対戦する。準々決勝から一夜明けた19日は休養日。選手らは大阪府茨木市のグラウンドで普段より短い約1時間半の練習に臨み、体を休めつつ、準決勝に向けて調整した。

 履正社には兵庫県出身の選手も多い。3番打者の小深田大地君(2年)は姫路市出身。明石商の1番打者、来田(きた)涼斗君(同)とは何度も対戦してきた。「テレビ中継でも、来田の打席は注目して見ていた。今から試合が楽しみ」と笑顔を見せた。

 神戸市出身の中堅手桃谷惟吹君(3年)と明石商の宮崎涼介君(同)は同じ小中学校に通った幼なじみだ。甲子園出場が決まったときは「おめでとう」と言い合ったが、桃谷君は「対戦するとは思っていなかった」と驚きの表情。「涼介とは小学校の時からライバルみたいな関係。絶対に負けたくない」と闘志を燃やした。(山田健悟)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン