スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

和歌山)世界一幸運な観戦者・「高嶋仁の目」取材後記

2019年8月20日03時00分

シェア

 この夏、「世界一幸運な高校野球観戦者」だったと自覚している。甲子園で史上最多の68勝を挙げた高嶋仁・智弁和歌山前監督の観戦記を担当し、一緒に約20試合を見られたのだから。

 「高嶋仁の目」の表題にふさわしく、視野の広さに驚かされ通しだった。着席前に窓から身を乗り出し、グラウンドの状態を見る。続いて風向き。紀三井寺球場はスコアボードと観客席で旗のなびく方向が時々違う、と教わった。「風が左から右に吹くと天気が崩れますよ」。「高嶋予報」はよく当たった。

 適時打だ!と腰を浮かせた途端、「喜んどったら、あかーん!」との大声に跳び上がったことがある。中継がもたついたのに、打者走者がガッツポーズをしていて進塁しなかったのだ。

 同じようなプレーがあの試合であって……とすらすら出てくる記憶力にも驚いたが、スコアは付けず、時々手帳にメモを書くだけ。「インプットされてんねん」。教訓になる場面は刻み込まれているらしい。まずいプレーを指摘した後には「指導者がちゃんと教えて送り出したらなあかん」と続いた。勝利への強烈なこだわりと同時に、本質的に教育者なのだと感じた。

 厳しい「先生」はユーモリストでもあった。言葉の端々に出てくる「野球の神サン」って、どんな顔してるんですか?と尋ねたら「ニコニコしたはりますよ。ちょっと知り合いなんです」。絶対「ちょっと」じゃないと思う。(大野宏)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン