スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)「夢と感動ありがとう」 鶴岡東の選手らを出迎え

2019年8月20日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会に出場し、ベスト16に進出した鶴岡東の選手たちが19日午前、地元の山形県鶴岡市に戻った。学校で生徒や教職員の出迎えを受け、山形大会から甲子園までの戦いを支えてくれた応援に感謝するとともに、活躍した3年生が引退した後の新チームの決意も披露した。

 校舎前では、部活動中の運動部員やメールで知らされた約150人が選手の到着を待ち受けた。「夢と感動をありがとう」。甲子園のスタンドで息の合った振り付けと声援で活躍を後押ししたチアダンス部は横断幕を掲げた。

 6回目の出場だった鶴岡東。今年夏、高松商(香川)と習志野(千葉)を破り、初の甲子園2勝を挙げた。佐藤俊監督はスタンドや地元の応援に「『ありがとう』と何度言っても足りないくらいです」とお礼のあいさつ。吹奏楽部の山口侑沙さん(3年)は「3回も甲子園で演奏できた。少しでも力になったのならうれしい」と話した。

 「応援が力になった。これからは自分たちよりもっと上に行けるよう1、2年生をサポートしていきたい」と、102人の部員をまとめた平山雄介主将(3年)。下級生で唯一、先発出場した山路将太郎選手(2年)は「秋の大会に勝って、選抜大会にも出たい」と意欲を示した。

 新チームは20日から練習を始めるという。(佐藤孝則)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン