スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)履正社、初の8強入り きょう関東一と対戦

2019年8月18日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高野連主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で、履正社は大会第11日の17日、3回戦で高岡商(富山)と対戦した。打線は計14安打と好調を維持。夏の甲子園では初の8強入りを決めた。準々決勝は大会第12日第4試合(18日午後3時半開始予定)で関東一(東東京)と対戦する。

 ■内倉一冴君 秋不調、努力の成果出た

 頼れる4番は三振に倒れた。三回裏1死一、三塁。「俺が絶対にかえす」。5番内倉一冴(かずさ)君(3年)が打席に立った。1打席目は2球目の直球を打ち損じて内野ゴロ。相手エースは右横手投げで直球はシュート回転して右打者の懐に食い込むくせ球だった。だから、左打ちの自分が打つ。1ボールからの2球目。待っていた直球にバットを振り抜くと打球は低い弾道で中堅手の前へ。チームに、欲しかった先取点をもたらした。

 得意な打撃でチームに貢献したいと思っていた。だが、秋の近畿大会府予選ではメンバーに入れなかった。打撃は不調。足が速いわけでもなく、守備もどちらかというと苦手だった。

 その冬、嫌いなランメニューにも必死でついていった。ウェートトレーニングで技術練習が少なくなった分、家でバットを振った。春の選抜大会で手にした背番号は13。「まだ、足りない」と思った。

 次は、苦手な守備を磨くと決めた。漫然と受けていたノックでは、ひとつひとつの動作を丁寧にこなすよう心がけた。少しずつエラーや連係ミスがなくなった。今夏、手にした背番号は3。念願の1桁だった。

 内倉君について、多田晃コーチは「ふわふわしていて、指導者にもしょっちゅう怒られていました。でも苦手なことにも進んで取り組んできた努力が結果に出ましたね」。

 内倉君の適時打が重苦しい空気を取り払った。その後2死一、二塁で野口海音(みのん)君(3年)が三塁打を放ちこの回3得点。相手エース攻略の足がかりを作った。

 「相手のリズムに合わせることなく、自分のスイングがしっかりできました」。試合後、内倉君はそう振り返った。夏初めての8強にたどり着いた。「ここから先はどこと当たっても強い相手。気持ちを前面に出したプレーをしていきたい」。中軸打者として打線を引っ張る覚悟だ。(山田健悟)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン