スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)「最後の夏」八戸学院光星データ班の3年生3人

2019年8月18日03時00分

シェア

 八戸学院光星では3人のデータ班が対戦相手の攻略法を探っている。いずれも3年生の平野素輝君と鎌田空君、笠脇怜生君だ。甲子園でプレーする夢はかなわなかったが、「勝つことがうれしい」と全国制覇をめざすチームを支えている。

 データ班は対戦する可能性があるチームや自チームの試合を録画し、投手の球種やコース、各打者の打球の方向などを細かく記録。ミーティングで仲井宗基監督がこのデータを活用し、注意すべき点などをチーム全体で共有している。

 平野君と鎌田君は昨秋から任され、ほかの部員と同じ量の練習をこなした後、寮の広間で分析を続けてきた。当初は1試合3時間かかった分析が、今は1時間でできるようになった。笠脇君は今年7月、青森大会のメンバー発表後、「チームのために何かしたい」とデータ班に志願した。

 地道な作業が多いデータ班の苦労は、選手たちもよくわかっている。青森大会で優勝した時には「ありがとう」と優勝メダルをかけてくれた選手もいた。

 甲子園に来てからは、チームが練習する間もホテルにこもって分析している。「東北で一番ビデオを回している自信がある」と笠脇君。平野君は「このチームなら絶対負けない」。3人の「最後の夏」の戦いが続いている。(吉備彩日)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン