スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

追いついたんですから、もったいないですよ 高嶋仁の目

2019年8月16日21時05分

シェア

 (16日、高校野球 八戸学院光星7―6海星)

 長崎の海星はぼくの母校です。ユニホームのデザインは同じですが、袖にフランスの三色旗なんか付いてたかな? サヨナラで終わりましたけど、ええ試合しましたよ。試合に良い思い出が何にもないぼくと比べたら、だいぶ上です。

 初めて甲子園に来た1963年は記念大会で、初戦は西宮球場。大宮(埼玉)に7点取られ、九回裏に1点返しただけ。通算8度しかない三重殺を決めたと大会記録に残ってますが、左翼手のぼくには関係ないから全然記憶にない(笑)。

 翌夏は早鞆(山口)に15安打で10点取られました。ぼくはセンターを守ってて、左中間へ走って戻ったら今度は右中間、また左中間。エラかったことしか覚えてない。早鞆は前年準優勝した池永正明投手の下関商に勝ったチームで、この年準優勝します。古田忠士主将は、秋に開催された東京五輪の聖火ランナーを務めたそうですね。抜群にうまいショートでした。

 今日の海星は一回に3点を先制しましたが、三、五回の併殺打が痛かった。狙い球を高めに絞るなり、投手寄りに立つなり、ゴロじゃなくライナーを打つ一工夫が欲しかったですね。一方的になりかけたところを、五回にきちんと併殺を取って流れを止め、六回に追いついたんですから、もったいないですよ。

 まあ、甲子園で負けて帰って、大きく育つんです。ぼくだって、選手であんな負け方をしたから「指導者として絶対勝ったろう」と思ったんですしね。(智弁和歌山・前監督)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン