スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大阪)履正社、きょう高岡商戦 両監督の意気込みは

2019年8月17日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社・日本高野連主催、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)で、大阪代表の履正社(豊中市)は17日の第1試合(午前8時開始予定)の3回戦で、高岡商(富山)と対戦する。履正社の岡田龍生監督と高岡商の吉田真監督に、相手校の印象や意気込みなどを聞いた。

 ――2回戦までを振り返って

 岡田 子どもたちが力を十二分に出してくれている。チームの特色である打力を発揮できている。

 吉田 苦しみながらも得点し、勝てている。ただ、終盤に気が緩んだり勢いに押されたりするので、もう少し引き締めたい。

 ――相手校の印象は

 岡田 昨夏の経験者もたくさん残っていて、足を使うなど色々な野球ができるチームだ。

 吉田 強豪ひしめく大阪の代表で、トップレベルの実力校だ。強打で、投手陣の層も厚い。

 ――警戒する選手は

 岡田 1~4番打者は非常にレベルが高い。エースの荒井(大地)君も緩急をうまく使い、横手投げの特色を出している。

 吉田 本塁打も打った1番の桃谷(惟吹)君。それと、4番の井上(広大)君。特にこの2人をなんとか抑えたい。

 ――鍵を握る選手は

 岡田 1番の桃谷が塁に出るか出ないか。そして主軸がしっかり打てれば点数が入る。投手陣がビッグイニングを作らせないことも必要だ。

 吉田 1、2回戦では下位打線が頑張ったが、1~4番の上位打線に期待したい。昨夏の経験値もある。奮起を促したいと思う。

 ――理想の試合展開は

 岡田 先取点をとって、さらに点数をとっていきたい。足を使ってかき回されることは避けたい。

 吉田 多少の失点は覚悟している。打ち合いに持ち込んで勝ちたい。

 ――次戦へ意気込みを

 岡田 夏はこれまで3回戦止まり。なんとかひとつずつ先に進みたい。

 吉田 昨夏に見ることのできなかった3回戦から先の景色をみんなで見たいと思う。(構成・山田健悟)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン