スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福井)夏の甲子園 3回戦へ意気込む敦賀気比

2019年8月17日03時00分

シェア

 熱戦が繰り広げられている第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で、福井代表の敦賀気比は大会第11日の17日、宮城代表の仙台育英との3回戦に臨む。チームは2回戦で19―3と大勝。勢いに乗る中で、選手たちは気を引き締め直し、8強入りをかけて戦う。

 3回戦の理想の展開について、東哲平監督は「調子が上がってきている打線が早く点を取って、接戦をものにできれば」と考える。仙台育英について、投手陣は層が厚く、どの投手も安定していると分析。打線については、高打率で機動力もある1番打者に警戒が必要とみる。「勢いがついているが、それが隙にならないよう、原点に戻って粘り強く戦いたい」と語った。

 エースの笠島尚樹君(2年)は1、2回戦でともに先発した。この2試合で計15回を投げて被安打7。仙台育英の2回戦の試合をテレビで見て、相手打線の状況を確かめた。「全員振ってくるし、中軸には長打力もある。どう抑えるか考えたい」と話した。主軸の木下元秀君(3年)は「2回戦ではよく打ったけれど、勘違いせずに、チャンスで甘い球を1球で仕留める」と意気込んでいた。(平野尚紀)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン