スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

サーファー球児「先輩、格好良い」 全部まねして超せた

2019年8月14日16時07分

シェア

 (14日、高校野球 鶴岡東9―5習志野)

 趣味はサーフィン。習志野の岩沢知幸(3年)は千葉県山武市に自宅がある。サーファーが集う本須賀海岸は目と鼻の先だ。

 中学3年の5月。ずぶの素人だが、意を決してサーフショップへ。男性店員に「どうやって乗るんですか」と聞いた。面白いやつだと思われ、一緒に海へ。週3回の練習で、3カ月後にはボード上で立ち上がれた。

 始めたのには理由がある。中学のチームメートで2学年上の先輩、後に習志野のエースナンバーを背負う関口諒さんの存在だ。同じ技巧派投手としても、男としても「めっちゃ格好良くて」。“ファン”の自分は先輩のインスタグラムを全てチェック。見つけたのがイカした波乗りを披露する動画だった。何でもまねして一歩でも近づきたかった。野球では鍛えられない臀(でん)部が筋肉痛に。バランス感覚も身につき下半身が安定したのは思わぬ副産物だった。

 千葉大会準優勝で引退した先輩は、グラブをくれた。無言で。「お前は甲子園にいけよ」というメッセージと解釈した。昨秋の関東大会は、そのグラブで勝利に貢献。今春の選抜は2度登板した。

 鶴岡東戦の朝、先輩から「がんばれよ」とLINEがきた。試合は劣勢で、登板機会は訪れなかった。「投球術では先輩にかなわないけど、『甲子園に来た』という結果では超せたかな」。敗退は悔しいが満足できる部分もある。先輩へお礼を返すときに、秘密にしてきたサーフィンのことを打ち明けようと思う。(松本龍三郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン