スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

長崎)海星、八戸学院光星と16日対戦 両監督に聞く

2019年8月16日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会で海星は16日、八戸学院光星(青森)との3回戦に挑む。台風10号の接近で、当初予定の15日から順延となった。第4試合で15時半開始の予定。対戦を前に、両校の監督に互いの印象や注目する選手などを聞いた。

 ■左打者多く小技に注意 八戸学院光星・仲井監督

 全体的に打撃は好調をキープできている。武岡選手がチームを引っ張っていってくれているので、リードオフマンとして活躍してほしい。最近調子を落としている(4番打者の)原選手の復調がポイントになる。投手陣の調子も悪くない。

 海星は派手さはないが、守りが非常に堅実。柴田選手の投球はコントロールよく、低めに丁寧にというタイプなので、打たされないようにしたい。

 12日に本塁打を打った大串選手の打力も要注意。左打者が多く、小技のきく選手が多いので、翻弄(ほんろう)されないようにしたい。足の速い選手、盗塁を仕掛けてくる選手がいるので、牽制(けんせい)も含めてしっかり抑えていく。

 どんな展開になろうと、粘り強くやる。(2回戦の)智弁学園との試合もそうだったが、途中で諦めたり、気を抜いたりさえしなければ、いいゲームができる。守備のミスが出ないよう、攻守ともに積極的にやらせたい。まだまだ甲子園でゲームをやりたい。どんな形であれ、勝つことを目標にがんばっていく。(聞き手・吉備彩日)

 ■どれだけ失点抑えるか 海星・加藤監督

 八戸学院光星は甲子園で2試合を見たが、攻守ともにスケールが大きく、高校生離れしているという印象がある。

 警戒すべき選手は全員だ。打線は力がある打者が並んでいるし、投手陣も右投げ、左投げ、横手投げとそろっている。

 光星戦では、(3人の投手陣のうち)江越選手の球威や制球力に期待したい。初戦で登板機会はなかったが、相手打線とうまくはまれば、ある程度のイニング数は投げられるだろう。難しい試合になるだろうと思うので、賭けではあるが、ここ一番の場面ではちゅうちょなく投入したい。

 バッテリーがどれだけ失点を抑えられるかがポイントになる。失点は避けられないだろうが、極限の状況でも崩れないでいてほしい。接戦に持ち込み、食らいついて、最後に打ち勝つような試合になればいいなと思う。

 選手たちは初戦を突破して、精神面がとても充実している。心身ともに調子を整えて臨みたい。実力は相手が上だが、こちらはすべてを相手にぶつけるつもりで戦いたい。(聞き手・弓長理佳)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン