スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兄弟そろって4番、ともに甲子園へ 対戦ならずも輝いた

2019年8月13日18時00分

シェア

 津田学園(三重)は13日、2回戦で履正社(大阪)に3―7で敗れた。強豪相手に気迫の一打を見せたのは4番の前川夏輝君(3年)だ。智弁学園(奈良)の4番で弟の右京君(1年)との「甲子園対決」はかなわなかったが、兄弟はともに支え、高めあった。

 2人は津市で生まれ、同じ野球チームで野球を続けてきた。夏輝君は高校でも同じチームでプレーすると思っていたが、右京君は「兄に頼り切ってはだめだ」と考え、地元を離れて奈良県の強豪校に進学。奈良大会で結果が出なかったとき、夏輝君から「自分が打てなくてもチームが勝てたらいい。お前は次、頑張れ」と指摘された。「自分の結果に執着していたと気づき、気持ちが楽になった」と感謝する。

 2人は甲子園で対戦することを目標に、地方大会を勝ち抜いた。夏輝君は抽選で津田学園の初戦が智弁学園より先になったことを喜んだ。「全力で楽しんでプレーする姿を見せることが、右京の緊張を解きほぐすことになると思った」

 津田学園は7日、静岡に3―1で勝利する。夏輝君は4打数2安打と貢献した。「同じ甲子園球場で同じ4番で、兄が積極的にバットを振って活躍している姿はとても格好良かった」。刺激を受けた右京君は12日の八戸学院光星(青森)戦で、3打点をあげた。だがチームは敗退。「兄より先に甲子園を去ってしまうのは悔しい」と話していた右京君はその夜、夏輝君にラインを送った。「後は頼んだ。やりきってほしい」

 この日の履正社戦。津田学園は序盤から劣勢に立たされた。5点を追う六回表1死一塁、夏輝君は変化球を中前に運んだ。この安打で進塁した走者が犠飛で生還、「つなぐ4番」の役割を果たした。「お世話になった人たちへの感謝の気持ちを表現できた。全力は出せた」と夏輝君。同じ甲子園の土を踏んだ弟に対しても「対決できなかったのは残念だけど、右京も全力を尽くした。支えてくれる人たちにきちんと恩返しができるような選手になってほしい」。兄は最後の夏に輝き、弟の記憶に刻まれた。(村井隼人、佐藤栞)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン