スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大相模、足でかけた圧力 バッテリーの呼吸乱し完勝

2019年8月11日17時00分

シェア

 (11日、高校野球 東海大相模6-1近江)

 容赦なく、近江の2人に圧をかけていく。東海大相模の最初の走者は二回。2死から投手の遠藤が敵失で出た。次打者の2球目に二盗を決め、直後の球で三盗を狙う。アウトになったが、さしたるダメージではない。「(投手が投球前に)顔を振る回数が事前の分析と一緒だった。データを伝える意図もあった」

 初戦屈指の好カード。その焦点はただ一つ。相模が近江のバッテリー林―有馬を崩せるか、だった。

 五回は1死二塁からヒットエンドランを仕掛けた。フルカウントの6球目、二塁走者の本間がスタートを切り、打者松本がたたいて左前へ運ぶ。林の制球力の高さを逆手にとっての2点目だ。松本は「あの1点はでかい」。六回の3得点は一塁走者の井上が捕邪飛で決めたタッチアップが足場になった。

 試合開始の約2時間前、門馬監督は言っていた。「林君は有馬君のサインに首を振らない。お互いを強く信頼し、2人だけの空間が確立されている。一番の強みではあるんだけど、その空間を崩せないわけではない。どれだけ2人が考えなければいけないことを増やせるか」

 この日、林と有馬に投げさせた牽制(けんせい)は計15球。本来はテンポがいい2人の呼吸を乱した。滋賀大会全5試合で一つもなかった失策も計六つ。「相模の走力、走塁レベルの高さを思い知らされた。失策が出たのも、結局は相手の走力が高いから」。近江の多賀監督にそう言わせた。

 バットを振ることのみに頼らない攻撃力の高さこそ、東海大相模の真骨頂。完勝だった。(竹田竜世)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン