スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

三重)津田学園と履正社、監督対談 あす2回戦

2019年8月12日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、三重代表の津田学園は大会8日目の13日、第1試合で大阪代表の履正社と2回戦を戦う。対戦を前に、履正社の岡田龍生監督と津田学園の佐川竜朗監督に戦い方を聞いた。

 ――初戦を振り返って。

 岡田 打線はちょっと出来すぎた。次は点数がなかなか取れないと思うので、失点を抑えたい。初戦のような四球やエラーをなくさないといけない。

 佐川 先発の右投手から得点を取れたが、2番手の左投手からは取れなかった。履正社のエースは左腕なので対策を練りたい。

――相手校の印象は。

 岡田 投手陣の能力がかなり高い。本調子で投げられると、今のうちの打線でもなかなか対応できない。

 佐川 打線は破壊力があり、エースが打たれても次の投手が出てくる。誰が投げても一流。総合力が高いチームだ。

――注目選手は。

 岡田 投手の前君。制球がよく、直球やツーシーム、スライダーなど、どの球種も勝負球になってくる。

 佐川 1番から9番まで本塁打を打てる。クリーンアップを抑えたとしても下位打線が分厚い。一人ひとり丁寧に対応していかないといけない。

――どういった試合展開が理想か。

 岡田 最少失点に抑える。初戦のように長打は出ないと思うので、きちんとつないで確実に得点したい。

 佐川 前半の失点に焦らず、後半勝負に持ち込めたらよいと思う。

――自チームの鍵をにぎる選手は。

 岡田 大阪大会でも頑張ったクリーンアップと投手陣。あとは1番の桃谷。

 佐川 主将の石川。結果として打率は低いが、チームをこの1年間引っ張った苦労が実ると思う。初戦でも大事な3点目を決めて、投手を落ち着かせた。(構成・村井隼人)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン