スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

鹿児島)監督対談 神村学園、12日に高岡商戦

2019年8月11日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)で、鹿児島代表の神村学園は12日、第4試合で高岡商(富山)と対戦する。神村学園の小田大介監督、高岡商の吉田真監督に互いのチームの印象などを聞いた。

 ――相手チームの印象は

 小田 1番から4番までの選手が非常に良い。左(打者)4人で、昨夏も経験している。

 吉田 洗練された投打ともにレベルの高いチーム。攻撃面は、小技もあるし、機動力もある。コンパクトな打撃をしてくる。

 ――相手チームで警戒したい選手は

 小田 やはり1番から4番の4人。思い切りもいいし、勝負強い。とくに井林君。あの子が2番にいるのが怖い。打たれた球をエラーなく守り切りたい。エースの荒井君はサイドスローの良いピッチャー。直球は130キロくらいだが、スライダーも切れていた。

 吉田 エースの田中君。非常に変化球が多彩で、まっすぐのキレもある。色んな球種をカウント球として使っていた。投球術が巧みだなという印象。どう崩していくかが鍵。

 ――自チームで鍵となる選手は

 小田 軸となるのは(1番打者の)森口、(2番打者の)田本だが、厳しいところを攻められると思う。打線でつながりを持って勝負したい。

 吉田 上位の左打者かなと。(神村学園の)エースの田中君は右投手だが、左打者のアウトコースに逃げる球を、上手に使っていた。左打者がどう対応するか。

 ――初戦を終えてのチームの状態は

 小田 初戦は初回から良い入りをして、相手のミスを得点に絡めたところはよかったが、中盤のもう一押しができなかった。チームの反省点として練習している。

 吉田 疲れはあったが、野球に関しては一皮むけた。宿舎生活が長くなってきたので、生活を足もとから見つめ直す必要がある。

 ――2回戦に向けて意気込みを

 小田 甲子園を経験している選手がたくさんいるチーム。打たれるのは覚悟しているので、粘り強く食らいついていきたい。1チャンスがきたときに打てるように辛抱強く戦いたい。

 吉田 また素晴らしい舞台で試合ができることに感謝したい。力を全て出し切れるように悔いの残らない試合にしたい。(田島知樹、合田純奈)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン