スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

京都)立宇治、躍進支えるデータ分析班 マネジャーら

2019年8月11日03時00分

シェア

 立命館宇治には、出場する選手と一緒に宿舎入りし、データ分析を任されている部員が3人いる。3年の川崎智也君と筒井響(ひびき)君、2年の岩佐優樹君だ。川崎君はマネジャーでもある。

 川崎君はもともと投手。練習試合で登板はあったが、京都大会でのベンチ入りはできなかった。「試合には出られなくても、チームの役に立ちたい」。分析役に立候補した。

 ぶつかりそうな相手の京都大会での試合を観戦し、スタンドから撮影してきた。その映像を何度も見直す。とくに先発投手の球種や癖、捕手の配球をよくみて、打者が狙い球をどう絞っているかもチェックした。分析した結果はパソコンで入力し、ベンチ入りする仲間に伝えてきた。

 13日の2回戦で対戦する星稜(石川)については、8日からテレビの録画や動画サイトを繰り返し見て分析。3人で分担を決め、打者、投手一人ひとりの特徴を細かくまとめた。

 里井祥吾監督のデータ分析班への信頼は厚い。「細かく調べてくれている。チームに必要な存在」。三塁を守る今野優斗君は「頼りになる。一緒にいてくれるからいろいろ聞けて助かる」と話す。

 「チーム一丸となり、選手と一緒に戦う」と川崎君。データを生かした仲間の戦いに期待している。(高井里佳子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン