スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)きょう2回戦 智弁学園と対決

2019年8月12日03時00分

シェア

 八戸学院光星は大会第7日(12日)の第3試合(午後1時開始予定)で、智弁学園(奈良)との2回戦を戦う。両チームの監督に、相手校の印象や勝敗を分けるポイントなどを聞き、対談形式で構成した。

 ――相手校の印象は

 八戸学院光星・仲井宗基監督 打線が非常に活発で、伝統もあり、積極的な野球をする。非常に勢いがあり、また緻密(ちみつ)さもあるチーム。

 智弁学園・小坂将商監督 初戦を見て、打の方がものすごく振れているなと思った。ピッチャーも青森大会であまり投げていなかった後藤君が復帰していた。しっかり研究して臨みたい。

 ――今のチームの状態は

 仲井 初戦を終えてほっとしがちだが、しっかり次戦に向けて切り替えができているので、心身ともに万全な状態で入れると思う。

 小坂 日程的には、キャプテンがいいところを引いてくれて調整ができ、ちょうどよかった。今はみんな早く試合をしたいという気持ち。

 ――自チームで鍵となる選手は

 仲井 主将の武岡と中軸打線が機能すれば、おのずと有利な展開になるが、マークされてそう簡単にいかない。みんなが自分の役割を果たしてほしい。

 小坂 1番打者の塚本と3番の坂下がどういう働きをするかどうか。しっかり打てるように頑張ってほしい。

 ――警戒する選手は

 仲井 1番の塚本君、3番の坂下君は特に要注意。坂下君は小柄だがパンチもあり、攻守の要だと思うので注意したい。

 小坂 クリーンアップが当たっているので、1番の武岡君は塁に出さないようにしたい。5番の大江君は対応力がある。見た印象では、一番いやな打者。

 ――勝敗を分けるポイントは

 仲井 攻撃陣が取れる点を取らないと、「結局あの1点が」という展開になる。ある程度の失点を覚悟しながら、取れる点をしっかり取りたい。

 小坂 四球やエラーなどミスをした方が負けると思う。我慢強く戦いたい。

 ――意気込みを

 仲井 一戦必勝です。どんな展開であろうが、しっかりと自分たちの野球をやり続けたい。

 小坂 守備からリズムをつくって攻撃につなげたい。序盤に点を取る自分たちの野球をしっかりしたい。(聞き手・構成 吉備彩日、佐藤栞)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン