スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

外野の好守備、好勝負を演出 はま風や場面を細かに考慮

2019年8月10日17時41分

シェア

 (10日、高校野球 熊本工3-2山梨学院)

 延長十二回にサヨナラ本塁打で決着した熊本工―山梨学院。そこまでの、しのぎ合いも見応えがあった。

 両投手の粘投に、バックもこたえた。外野手にとっては右翼から左翼方向に吹く甲子園特有の「はま風」の強さ、風向きもチェックしながらの守りになる。九回にフェンス際で大飛球を捕った熊本工の左翼手・内田は「かなり風が強くて、後ろに守らざるを得なかった」と打ち明ける。

 同点の八回、1死一、二塁でも深めに守った。「ここは一塁走者をかえさないことを優先した」と内田。2死をとると、一転して前進守備に。「2死になったら二塁走者を本塁で刺せる位置に守ろうと」。狙い通り左前安打を素早く処理したため、二塁走者は本塁突入を自重せざるを得なかった。この回も勝ち越し点を許さず、結果的には延長戦に持ち込んで勝利した。

 時に極端なシフトの逆を突かれる場面もあったが、日ごろの練習と準備に基づいた両チームの守りが、好勝負を演出した。(編集委員・安藤嘉浩)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン