スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

関東一の「持ってる4番」、反撃の口火切るソロHR放つ

2019年8月10日12時40分

シェア

 (10日、高校野球 関東一10―6日本文理)

■関東一・平泉遼馬一塁手

 「流れ、もってこい!」。三回1死、ベンチの声を背に振り抜いた打球は、バックスクリーン前で高く跳ねた。「センターを越えるかどうか分からず、思い切り走った」。劣勢を押し戻す一発になった。

 3ボールだった。でも、1球「様子見」する気は毛頭なし。「前の打席は四球。2打席連続は相手投手も嫌だろう、と」。甘めの球でカウントを取りに来る。読み勝ちだった。

 ベンチの「もってこい!」にはわけがある。東東京大会から、好機や運が不思議と自分に巡ってくる。「何か持ってるんです、あいつ」と主将の渋谷。六回は空振り三振、と思いきや振り逃げで生き、味方がかえしてくれた。「持ってる4番」に、みんなが上手に乗っかっている。

 趣味という筋トレやランニングの後に入る、冷水の風呂が何よりの楽しみ。「もう最高です」。目尻を下げた。(山田佳毅)

     ◇

 ○米沢監督(関) ロースコアの展開を予想も、15安打10得点で勝利。「調子が上がっている。まだここから良くなる。しっかり練習して次に臨みたい」

 ○土屋(関) 先発右腕は4回5失点で降板。「気持ちが先走って投げる時に上半身が突っ込んでしまった。次はきちんと修正したい」

 ○大久保(関) 一回の先頭で三塁線にバント内野安打。「相手の映像を見た後、試合の何日も前から決めていました」

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン