スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

千葉)習志野が土壇場で底力 沖縄尚学を延長で破る

2019年8月10日03時00分

シェア

 「逆転の習志野」が甲子園を再び沸かせた。第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)第4日の9日、習志野は沖縄尚学(沖縄)を延長十回の末、5―4で破った。習志野は1点を追う九回に追いつく粘りを発揮し、エースが好救援した。2回戦は大会第9日の14日第2試合(午前10時半開始予定)で、鶴岡東(山形)と対戦する。

 ■仲間・家族思い 十回の一撃 和田泰征選手

 試合を決めたのは、仲間や家族への思いを乗せた一振りだった。

 4―4の同点で迎えた延長十回表、1死二塁。打席に立つ和田泰征君(2年)は初球の直球を迷わず、振り抜いた。打球は中堅手の頭を越え、勝ち越し。和田君は球場中が大歓声に包まれる中、二塁に滑り込み、腕を突き上げた。「よっしゃー!」

 今春の選抜大会も三塁手として出場したが、打撃で思うような結果を残せなかった。夏の千葉大会前の練習試合ではベンチ入りメンバーを外れた。

 「悔しかった。もう一度グラウンドに立つ姿を家族に見せたい」。全体練習後もバットを振り込んだ。遅く帰っても母はいつも待っていた。毎朝の弁当作り、洗濯もしてくれていた。

 迎えた千葉大会の背番号は17。決勝では本塁打を放ち、打率4割を残した。

 甲子園では背番号5をつけ、この日は三塁手で先発。四回にはスクイズを決めた。チームはその裏に3点を奪われて逆転された。和田君は六、八回には高めの直球の球威に押され、詰まらされて凡退。チームは1点差のまま九回1死走者なしまで追い込まれた。

 しかし、山内翔太君(2年)の右前打を足がかりに、粘って同点に追いついた。六回裏から救援したエース飯塚脩人(しゅうと)君(3年)は、八、九回に6者連続で三振を奪い、流れを呼び込んでいた。

 延長十回の攻撃が始まる前、和田君は小林徹監督に声を掛けられた。「お前で試合を決めてこい」

 打席に向かう前には竹縄俊希主将(同)が「ベンチを見れば、俺らがいる。思いっきりいけ」と笑顔で背中を押してくれた。

 仲間がつないだ好機。「絶対に打つ」。そう気合を入れ、強く振り抜いて結果を残し、うれしかった。

 試合後、「(勝ち越しは)チーム全員で取った1点です」と和田君。次戦に向けては「しっかり準備して、つないでいく泥臭い野球をしたい」と意気込んだ。(小木雄太)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン