スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

群馬)大舞台で力出す難しさ 前橋育英の戦いを振り返る

2019年8月10日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)に4年連続の群馬代表として臨んだ前橋育英は、8日の初戦で国学院久我山(西東京)に5―7で逆転負け。3年連続の初戦突破はならなかった。甲子園では本来の試合運びはできなかったが、終盤までもつれる熱戦を演じ、大観衆を沸かせた。前橋育英の戦いぶりを振り返る。

 選手たちが糧にしてきた敗戦があった。昨年10月、関東大会での山梨学院との一戦だ。1―9でコールド負けし、翌春の選抜大会出場が絶望的となった。エース梶塚彪雅(3年)は思うような投球ができず7失点。打線も援護できず、主将の丸山大河(3年)らは「梶塚に頼りっぱなしになってしまった」と悔いた。

 冬場は例年よりも打撃に時間を使い、バットを振り込んだ。梶塚も体重を10キロ以上増やし、下半身の安定に力を入れた。今春の県大会を制し、迎えた夏の群馬大会。4連覇の重圧がかかりながらも、試合を重ねるごとに投打がかみ合い、甲子園行きを実現した。

 しかし強豪ぞろいの全国の舞台では、簡単に本来のプレーをさせてもらえなかった。中盤まで優位に試合を進めたが、粘投した梶塚も終盤に甘い球を5連打され、逆転を許した。4失策に加え、本塁への送球の間に進塁を許すなど、記録に残らないミスもあった。打線も8残塁で、あと1本に泣いた。

 ただ、「らしさ」も見せた。2点差を追いつかれ、なお三回1死一、二塁のピンチでは、剣持京右(3年)と中村太陽(3年)の二遊間で併殺を成立させ、梶塚を助けた。剣持は初回にフェンス直撃の三塁打、森脇真聡(3年)も六回に逆方向に適時二塁打を放ち、鍛えた打力も見せた。

 捕手の須永武志は2年生ながら4番に座り、得点につながる二塁打を放った。新チームでも中心選手として期待される須永は「甲子園はすごい場所だと改めて思った。また戻ってくる」。敗北を糧に、新たなチームの成長につなげたい。(森岡航平)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン