スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岩手)花巻東、攻め続けた 10安打放つも逆転ならず

2019年8月10日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会で、岩手代表の花巻東は9日の第1試合で徳島代表の鳴門と対戦し、4―10で敗れた。10安打を放ったが、11残塁と好機を生かし切れなかった。夏の甲子園に初の連続出場を果たしたが、「逆転の花巻東」の真価を発揮することなく初戦で姿を消した。

 ■寡黙な主将 意地の一打 中村勇真選手(3年)

 五回に放った2点適時二塁打は、主将として、そして花巻東としての意地だった。

 五回裏2死一、二塁。打席に立った中村勇真主将(3年)は狙っていた初球、高めの甘い直球を右方向に運び、2人の走者を生還させた。初回からリードを許し続け、チームの打線も振るわずに点が取れない中、寡黙な主将がバットで仲間を勇気づけた。

 昨秋、主将に指名された時は不安しかなかった。自分から意見することが苦手で、仲間のプレーで気になることがあっても、「自分が言ったところで、誰も聞いてくれないのでは」という調子だった。そんな中、仲間から「もっと意見を言えよ」と励まされた。

 一つの転機があった。

 今春、手の骨を2度折り、春の大会には出場できなかった。この際、スタンドから客観的にチームを見ると、一緒にプレーしていては分からない課題を見つけた。一球への気持ちの足りなさや、無駄なプレー。伝えると、少しずつ改善された。

 花巻東には卒業生で大リーガーの大谷翔平選手の代から続く伝統、ゴミ拾いがある。「ゴミ拾いは運気を拾う」と選手自身が行ってきた。ただ、だんだんおろそかになってきていると感じ、しっかりやろうと声をかけた。甲子園に来てからも続け、毎朝4時から選手たちと取り組んできた。

 「絶対に逆転するぞ!」。中村主将はこの日、誰よりも声を張り上げた。「みんなには感謝の気持ちでいっぱい」。試合後、仲間を思いやった。(御船紗子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン