スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

監督は選抜初制覇の元エース 「史上最弱」から甲子園へ

2019年8月9日23時30分

シェア

 「史上最弱より弱い」とまで言われたチームが、今春の選抜準優勝校をあと一歩まで追い詰めた。沖縄に初めて優勝旗をもたらしたときのエースと二人三脚で打力を磨いた沖縄尚学。習志野(千葉)を相手に堂々とした戦いぶりを見せた。

 習志野の先発は背番号10の左腕。2点を追う四回、主将の水谷留佳君(3年)は低めの変化球を右翼にはじき返すと、一塁を蹴り二塁にヘッドスライディング。塁上で両手を大きくたたいた。後続の連打などで3点を返した。「崩されそうだったけど粘り強く持っていけた。先生のおかげです」

 甲子園出場を決める前、沖縄大会では、3連覇をめざす興南の、全国屈指の左腕宮城大弥君(3年)攻略に向け、1999年選抜大会で優勝した時のエース、比嘉公也監督(38)の生きた球を打ち続けた。

 水谷君は生まれていなかったが、テレビで流れる過去の映像やユーチューブの動画で監督の活躍を知った。宮城君と同じ左腕の比嘉監督は自ら打撃投手を務め、マウンドの5メートルほど前から厳しく内角に投げ込んだ。「直球のキレがすごくて速く見えた。全然打てなかった」

 鍛えられたのは技術面だけではない。何度も内角を攻めてきて、死球になっても鋭い視線を向けてきた。「これぐらい気持ちが強くないと上には行けないのか」。監督に負けたくない、絶対に打つ、と思うようになった。

 昨秋の県大会はノーヒットノーランでの負けを経験し、今春の県大会も3回戦で敗れた選手たち。今夏の沖縄大会決勝では、興南との延長十三回の激戦を制した。甲子園初戦は習志野との対戦が決まり、比嘉監督は水谷君に告げた。「『史上最弱』から史上最大の下克上だな」

 この日の試合は延長十回までもつれたが、4―5で敗れた。「先生とのきつい練習の成果を甲子園の舞台で出せた」と言う水谷君。「比嘉先生についていったから、ここまでこられた。今までの自分たちとは比べものにならないくらい成長したと思う。最弱より弱いと言われたが、少しは先生を見返せたかな」(布田一樹)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク