スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

香川)高松商、きょう鶴岡東と対戦 両監督が意気込み

2019年8月9日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会で高松商は9日、午後3時半に開始予定の第4試合で鶴岡東(山形)と対戦する。高松商の長尾健司監督(49)と、鶴岡東の佐藤俊監督(48)に初戦への意気込みを聞いた。

 ――相手校の印象と警戒する選手は。

 高松商・長尾監督 佐藤監督は、長年にわたってチームをつくってきた経験がある。データ的にも、どこをとっても負けているという印象だ。3投手をうまくリードする捕手の大井(光来)君に注目したい。

 鶴岡東・佐藤監督 春も出ている強豪というイメージがある。投手の香川(卓摩)君がU18代表候補に選ばれたと聞いて、興味がある。どんな良い投手なのか、攻略できるのか。楽しみだ。

 ――自チームのカギとなる選手は。

 長尾 うちは守りからのチーム。バッテリー中心の守りで、落ち着いた試合をつくることが大事だ。

 佐藤 それぞれが与えられた持ち場で、しっかりやってくれることを願うだけだ。

 ――理想の試合展開は。

 長尾 打ち合いになると、相手のペースになる。序盤を少ない失点で抑えたい。(展開の)予想はつかないが、どういう展開になっても、落ち着いて順応していけたらいい。

 佐藤 理想はない。粘って、どんな展開でも最終的に負けないよう、がんばってほしい。その背中を押せたらと思う。

 ――初戦への意気込みを。

 長尾 自分たちの野球をして、一つひとつのプレーを楽しんでほしい。ピンチも楽しめたらいい。

 佐藤 ケガや体調不良もない。試合まで細心の注意を払い、準備をしっかりして送り出したい。(聞き手・木下広大)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン