スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大分)警戒すべき選手は? 藤蔭と明徳義塾、監督対談

2019年8月8日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会で藤蔭は大会3日目の8日、第2試合で明徳義塾(高知)と1回戦を戦う。明徳義塾は夏の甲子園に20回の出場を誇る伝統校。大会最年少の藤蔭・竹下大雅監督(26)と、大会最年長の明徳義塾・馬淵史郎監督(63)に互いのチームの印象や試合の戦い方などを聞いた。

 ――お互いの印象は

 竹下 伝統ある学校で、馬淵監督は偉大な監督。守りが堅いイメージがある。左右それぞれ良い投手がいる。

 馬淵 監督が若い。それにノーシードから勝ち上がってきたので勢いがある。ヒットエンドランなどを使う機動力野球。対策しなくてはいけない。

――警戒する選手は

 竹下 高知大会でも色々な投手が投げている。打順に関係なく上位はいい状態の選手だと思うので、なるべく塁に出したくない。

 馬淵 4番打者。あの子の前には走者を出したくない。投手4人もそれぞれ特徴があるが、小宮君が一番まとまっている。

――鍵を握る選手は

 竹下 塚本の前に走者を出したい。投手はスタッフと相談しながら、状態を見て決めていきたい。

 馬淵 1番打者の古沢。彼が出るのと出ないのとではチームの勢いが違う。それと先発投手。4人とも投げさせてきたが、一番調子のいい選手を先発させる。

――想定する試合展開は

 竹下 先制点を取って主導権をにぎる。全国の舞台ではこれまで通り動けるか分からない。点は思うようには取れないと思う。

 馬淵 三回までに相手の投手を崩したら、うちのペースになる。うちの投手陣なら、そんなに点も取られないと思う。

――大会最年少と最年長監督の対戦となる

 竹下 現役の時から甲子園で見てきた監督。勝負させてもらえて光栄です。

 馬淵 勝負になったら年なんて関係ない。

     ◇

 藤蔭の選手たちは7日、大阪府豊中市のグラウンドで試合前日の練習をした。6日からチームに合流した若林隆信・総合コーチ(45)と梯誠剛トレーナー(26)も参加。ノックを受けたり打ち込みをしたりして動きの確認をしていた。

 塚本修平君(3年)は「いつも通りの動きができたのできっと大丈夫。他の部員たちの支えがあってここまで来られたので、感謝の気持ちをプレーで表したい」。吉田智哉君(3年)は「どんな状況になっても、諦めずに油断せずに戦いたい」と話した。

 試合に出場しない3年生たちも、記録員の長崎達也君は「最後に笑って終われるよう、記録員として精いっぱいサポートしたい」。ボールボーイを務める予定の柳瀬伶君は「強い相手と当たるけど、自分たちも強いんだと信じて頑張ってほしい」とエールを送っていた。(中沢絢乃)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン