スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

滋賀)初戦への意気込み 近江、東海大相模の両監督語る

2019年8月11日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高野連主催)11日の第2試合(開始予定午前10時半)、近江は、神奈川・東海大相模と対戦する。近江の多賀章仁監督と東海大相模の門馬敬治監督に、意気込みを聞いた。

 ――相手チームの印象は

 多賀(近江) これまで甲子園で素晴らしい試合をしてこられた優勝候補の筆頭。全国のファンの記憶に残る試合をしたい。

 門馬(東海大相模) 昨年に続いて出場しており、強さが維持できている。県内公式戦で負けなし。それが全てを物語っている。

 ――注目している選手は

 多賀 打線では鵜沼、山村、西川ら。特に1番の鵜沼は、調子づかせるとロースコアのゲームに持ち込めないので警戒している。守りでも総合力が高い。粘り強く食らいつきたい。

 門馬 エースの林、4番で主将の有馬という軸がしっかりしている。全員が自分の役割を果たしており、地方大会で失策もない。目につくのはバッテリーだが、打線では住谷、土田もおり、全員といっていい。

 ――理想の試合展開、カギを握る選手は

 多賀 林が集大成の投球をしてくれるかどうか。後半勝負が理想。昨夏の初戦、選手たちは想像もつかないことをやってくれたので、今回も期待している。

 門馬 一回から九回まで粘り強く戦いたい。カギを握るのは全員。「誰か」ではなく、いろいろな角度から攻め立て、堪えなければならない。

 ――チームの状態は

 多賀 暑さもあり、練習は2時間ほど。フリーバッティングなどを中心にやっており、状態はいい。

 門馬 かなり疲れていてバテバテだと思う。練習あってのチーム。限られた時間で、その日のベストの練習をしたいと思っている。

 ――初戦の意気込みは

 多賀 勝敗を度外視した記憶に残るいいゲームがしたい。有馬のリードで林が集大成のピッチングをしてくれれば。今年の近江の野球を披露したい。

 門馬 甲子園球場を自分たちのグラウンドと思い、自分たちの野球をするために最高の準備をしたい。(北川サイラ)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン