スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

茨城)「ロースコアの戦いに」霞ケ浦×履正社、監督対談

2019年8月7日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会に茨城代表で出場する霞ケ浦は大会2日目の7日、第1試合で大阪代表の履正社と対戦する。霞ケ浦の高橋祐二監督にとって、履正社の岡田龍生監督は日本体育大学の野球部の後輩という縁があるという。お互いの学校の印象や自チームで期待する選手などを聞いた。

 ――相手校の印象は。

 高橋監督 素晴らしい本格派の左右の投手がいて打線も1番から9番まで切れ目がない。強豪校という印象をより強くしている。

 岡田監督 投手力が高いチーム。打線もうまく投手に対応し、考える野球をしているという印象だ。

 ――警戒する選手は。

 高橋監督 (大阪大会4本塁打の)4番の井上君を中心とした上位打線。その前に四球や失策などで無駄な走者を出さないようにしたい。

 岡田監督 エースの鈴木寛人君は(選抜大会で対戦した)星稜の奥川君のような、球威があって制球力が良く、変化球でもカウントが取れる好投手。スライダー、フォークを見極め、狙い球を絞って対応したい。

 ――期待する選手は。

 高橋監督 1番打者の天野。切り込み隊長としてチームに勢いをもたらしてほしい。

 岡田監督 中軸の対応力に期待。大阪大会でも、中軸が打てなかった試合は点が取れていない。

 ――理想とする試合展開は。

 高橋監督 茨城大会でも140キロ超の速球派の投手に競り勝ってきているので、今回もロースコアに持ち込みたい。

 岡田監督 鈴木君からはそう簡単に点は取れない。同じくロースコアの戦いにしたい。

 ――意気込みは。

 高橋監督 投手陣も打線も好調を維持できている。地元大阪の強豪校相手だが、名前に圧倒されずに頑張りたい。

 岡田監督 選抜での初戦負けを経て、甲子園でもう一度戦えるチャンスを選手たち自身が勝ち取ったので、思い切りやらせてあげたい。(佐々木凌)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン