スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

誉の控え捕手は小泉純一郎 「こうたろう」は兄ですが

2019年8月5日12時54分

シェア

 第101回全国高校野球選手権大会に初出場する愛知代表・誉(ほまれ)の背番号12は小泉純一郎君(3年)。強肩が自慢の控え捕手だ。小泉純一郎元首相と同姓同名。「ありがたい名前」と名付けてくれた両親に感謝し、6日の開幕試合に臨む。

 愛知県春日井市出身で、第1次小泉内閣が誕生した2001年4月に生まれた。五つ年上の兄は「洸太郎(こうたろう)」で、この年に芸能界デビューした小泉氏の長男と同じ読み。そこで「次男は純一郎しかない」と名付けられたという。小学校、中学校時代のあだ名は「首相」。病院で名前を呼ばれるとみんなに見られるが、「もう慣れた」。

 内気な性格で「リーダーシップはない」と自己分析する。矢幡真也監督から「名前負けするな」と激励され、背番号2をつける正捕手の林山侑樹主将(3年)を「超えよう」と練習を積み、チームの勝利のために積極的に前に出るようになった。

 愛知大会で出場機会はなかったが、林山君がけがなどで出られなくなった場合はすぐ対応できるよう備える。3日にあった甲子園練習ではノックの際、ひときわ大きな声で指示を出し、気合を入れた。「小泉元首相は『日本を背負った方』という印象。自分は『誉を背負う』とまでは言えないけれど、愛知代表として誉野球を全国に見せる」と意気込んでいる。(村上友里)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン