スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

新潟)東京学館新潟、切磋琢磨の3投手

2019年7月25日03時00分

シェア

 (24日、高校野球新潟大会 日本文理12-3東京学館新潟)

 東京学館新潟の3年生投手3人は、1年生の時からエースを競い合ったライバルであり、苦しい練習を共にした仲間でもあった。

 先発した左腕の寺田仁、二回から登板したエース田村颯瀬(はやせ)、最後の2回を投げた長谷川輝。3人の活躍で、準決勝までの5試合を平均失点1・8に抑え、決勝進出の原動力となった。

 変化球で打ち取るタイプの寺田、がむしゃらに腕を振る田村、直球に力のある長谷川。タイプの違う3人。エースナンバー「1」は、1年の夏には長谷川、2年時には主に寺田の背にあった。

 練習試合で投げられないと悔しがり、ほかの2人のどちらかが打たれると「ベンチでこっそり喜ぶこともあった」と田村。それでも、練習は常に一緒。冬はきついダッシュを、「成長しような」と励まし合って乗り切った。

 それぞれ悔いなく役割を果たそう。そう言い合って決勝に臨んだ。日本文理の強力打線に計12失点したが、寺田は気落ちせずに三振を奪った。田村はボークの判定にも動揺せず投球を続け、七回には牽制(けんせい)球で一塁走者をアウトにした。長谷川は八回、連続適時打にもめげず、併殺でこの回の攻撃を食い止めた。

 田村が相手の4番打者に投げたスローボールは、寺田から学んだ。長谷川と速度を競った田村の直球は最後まで威力があった。

 「仲間に恵まれた。このチームでやれて良かった」。3―12の敗戦、それでも田村は笑った。(飯塚大和)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン