スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「高校最速」大船渡・佐々木は先発せず 久慈との対戦

2019年7月22日14時36分

シェア

 第101回全国高校野球選手権岩手大会は22日、県営野球場などで準々決勝があり、高校史上最速となる163キロをマークした佐々木朗希(ろうき)(3年)を擁する大船渡はシード校の久慈と対戦した。佐々木は先発メンバーに名を連ねなかった。

 大船渡は四回、安打と敵失で好機を築き、4番に入った及川恵介(3年)の犠飛などで2点を先行。六回にも2点を加えた。その裏、久慈に2点を返され、七回にも2点を奪われて4―4の同点となった。そのまま延長に入った。

 佐々木は過去3戦、4番投手で先発してきた。前日の4回戦では延長十二回に自ら決勝の2点本塁打を放ち、2失点完投で21三振を奪った。投球数は194にのぼった。試合後、22日の登板について、国保陽平監督は「コンディションを見て」と説明し、佐々木は「体の状態を見ながら」と話していた。

 この日の先発投手は背番号11の右腕、大和田健人(たけと)(3年)。2回戦に2番手として登板し、3回を無安打無失点だった。

 大船渡は2回戦で遠野緑峰に14―0(五回コールド)、3回戦は一戸に10―0(六回コールド)で勝った。佐々木は2回戦は2回を投げ無安打無失点で最速が147キロ。3回戦は6回参考ながら無安打無得点試合を達成し、最速は155キロだった。盛岡四との4回戦で最速160キロをマークしていた。

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン