スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京)小山台、関東一が4強に名乗り 東・西東京大会

2019年7月22日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権東・西東京大会(東京都高校野球連盟、朝日新聞社主催)は21日、東大会の準々決勝を含む計6試合があり、西大会の8強も出そろった。

 東大会の準々決勝の2試合では、昨夏の準優勝校でシード校の小山台が、高島との「都立対決」を制した。同じくシード校の関東一は、コールドで立正大立正を破り、4強に名乗りを上げた。

 5回戦4試合があった西大会では、桜美林が保谷をコールドで破って9年ぶりの準々決勝進出を果たした。シード校で昨夏の覇者の日大三、早稲田実、国学院久我山も8強入りした。

 22日は東大会の残りの準々決勝2試合があり、4強が出そろう。

 ■痛打されても来年の糧に 立正大立正 浜悠喜投手

 味方の最後の打者が打ち取られた。仲間と小走りにベンチを出た。「先輩たちと1イニングでも長くプレーしたかったけど」。立正大立正の2年生右腕・浜悠喜は、ぼうぜんとしながら振り返った。一瞬で大量失点した八回の投球に、まだ現実感がなかった。

 右サイドスローの切れ味鋭いスライダーと抜群の制球力を買われ、3回戦で救援した。4回戦は先発のマウンドに送り出された。この試合も、二回2死満塁から先発投手が連続押し出し死球を与えた場面で救援を託された。

 ピンチを切り抜けると、その後も最少失点で切り抜けた。右打者の肩口から入ってくる自慢のスライダーと、ストライクゾーンぎりぎりのボールの出し入れで、関東一打線を翻弄(ほんろう)した。しかし――。

 八回、突然制球が乱れた。4四死球と長短打を浴び5失点。コールド負けを呼び込んでしまった。「先輩たちに申し訳なくて……」。ただ、内田和也監督は「いい経験にしてくれると思う。まだ来年があるから」とねぎらった。

 そんな浜との対戦を関東一の主将・渋谷嘉人(3年)は楽しみにしていた。中学の硬式野球チーム「東京城南ボーイズ」で、浜の1年先輩だった。試合前「どれだけ成長したか確かめたい」と話していた。

 浜にとって、憧れ続けた雲の上の存在だったという。「正直、怖かった。打席のオーラがすごかった」。八回、痛烈な中前安打を浴びた。「ああいう存在感のある選手になりたい」。そう誓った。

 「来年、頑張れ」。憧れの先輩からのメッセージだ。チームの準決勝進出はかなわなかったが、浜にとって「最後の1年」の始まりでもある。=神宮(抜井規泰)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン