スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

北海道)令和最初の甲子園 旭川大が決める

2019年7月21日03時00分

シェア

 令和最初の夏の甲子園へ――。北北海道大会は20日、旭川スタルヒン球場で決勝が行われた。昨年と同じ顔合わせとなった最終決戦は、旭川大がクラーク国際を下して2年連続9度目の優勝を決めた。南北海道大会では準決勝があり、エース原田航が好投した国際情報が東海大札幌を破って初の決勝進出。2年連続の代表を狙う北照は、駒大苫小牧との大接戦を制した。21日は南大会の決勝が行われる。

 ■昨夏の悔しさ 3打点 旭川大の脇田悠牙選手

 「前の3人が一生懸命つくってくれたチャンス。ここで1本打って、一気に流れを決めよう」

 一回裏、試合早々に訪れた1死二、三塁の好機。旭川大の4番、脇田悠牙選手(3年)は、そんな思いで打席に立った。ストライクをしっかり打つことを意識。3球目の外角の球を振り抜く。打球は右中間を破り、先制の2点を挙げてチームに勢いをつけた。

 もともと身体能力の高さは抜群だった。ベンチプレスやスクワットなど7項目でチーム1位。1年からベンチ入りしていたが、昨年夏の大会の直前の練習試合で、チームで徹底していた走塁で重大なミスをしてしまい、端場雅治監督がベンチメンバーから外した。

 昨夏の甲子園では、持丸泰輝主将、菅原礼央選手ら同学年の選手がプレーするのを、スタンドから見つめた。「来年は絶対、自分があの場に立ってプレーする。絶対に甲子園に行く」と思いを強めた。

 冬場は必ず、1日300~400回バットを振り込んだ。努力が実り、今大会では4番打者として定着。端場監督も「チャンスに強く、いろいろな投手に対応できる」と評価する。この日の試合でも四回に1死二、三塁の場面で犠飛を決め、1点を追加。この試合3打点の活躍を見せた。

 優勝の瞬間、センターから走って、抱き合う仲間たちの輪に加わった脇田選手。「去年のベンチ外が無かったら、今の自分はなかった。甲子園、楽しみです」。脇田選手の胸に、去年はもらえなかった赤いリボンのメダルが光っていた。(中沢滋人)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン