スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

兵庫)兵庫大会 第1シード8校が16強へ

2019年7月21日03時00分

シェア

 兵庫大会は20日、5球場で3、4回戦9試合があった。明石商や神戸国際大付、須磨翔風、姫路南、社など、4回戦を戦った第1シード8校がいずれも勝利し、16強入りを決めた。21日は4球場で4回戦8試合が予定され、ベスト16が出そろう。

 ■1球1球に気持ち込め 西宮北・戸根健吾投手

 西宮勢同士の戦いは1点を争うシーソーゲームになった。

 0―0の四回裏。1死二塁の場面で、西宮北のエース、戸根健吾(3年)は、西宮東の4番打者に投じた低めのスライダーを中前に運ばれた。二塁から走者が生還し、先制を許した。「変化球が多く、もっと配球を考えれば良かった」。後続を抑えてベンチへ戻ると、捕手の寺田周平(2年)から「完璧なコースで、これを打たれたら仕方ない」と励まされた。

 チームは七回に1点を返し、同点に。だが、終盤の八回裏、2死二塁のピンチで、再び4番打者に中前安打を打たれ、1点を勝ち越された。マウンドに集まった内野陣から「一つずつ丁寧にアウトをとろう」と声をかけられ、次打者を捕邪飛に抑えた。「仲間を信じて思い切り投げられた」

 試合はそのまま1―2で終了。宮崎慶仁監督(33)は「戸根は本調子ではなかったが要所で実力を発揮してくれた」とねぎらった。

 この春の地区大会で初戦で負けた後、戸根は課題の制球力を磨こうと投げ込み、体力をつけるため走り込んだ。迎えたこの夏は、初戦と2戦目で先発して好投するなどして、勝利に貢献。チームは4回戦まで進んだ。

 宮崎監督は試合後、「この春の悔しさなどをバネにチームがまとまり、ここまで勝ち上がれた」と振り返った。戸根は「1球1球に気持ちを込めて投げた。今までで最高の投球だった」。=敬称略(武田遼)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン