スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「一石三鳥のバント」磨いた 狙い澄まして内野安打に

2019年7月21日14時01分

シェア

 高校野球石川大会は20日、2回戦6試合が県立野球場と金沢市民野球場であった。金沢市工、桜丘は接戦を制した。金沢龍谷は投打がかみ合い、試合を優位に進めた。泉丘、津幡、金沢は持ち前の攻撃力を発揮してコールド勝ちした。

 ■磨いた こだわりバント 石本岳君

 投手が投球動作に入ると、立てていたバットをすっと寝かせ、狙い澄ましてコツン。一塁へ駆け出すと、瞬く間にトップスピードにのった。

 1点を追う八回裏、金沢市工の攻撃。先頭打者の9番、石本岳君(3年)は、打席に入る前から内野手の位置を観察していた。

 「自分の仕事は1番の大場にランナーがいる状況でつなげること」。3球目を三塁線に転がすと、狙い通りの内野安打に。相手の意表を突く技ありの一打を見せた。

 その後、次打者の犠打や3番の適時打で、同点のホームを踏んだ。チームメートから「ナイスバント」の声がかかり、ほほえんだ。

 石本君は、かほく市立宇ノ気中学校時代、2番遊撃手として活躍。同級生だった鵬学園の小池田樹君や羽咋の岩谷信之介君らと一緒に、軟式野球の全国大会制覇も経験した。

 高校でも野球を続けたが、中学ほどヒットは打てなかった。

 模索の時が始まった。1年の秋、右打ちから左打ちに変えた。打順も8番や9番になると一層、つなぐことを意識するようになった。やがて、自分の強みの俊足を生かせて、ヒットも狙えて、確実に走者を進められる――、そんな「一石三鳥のバント」を磨くことに行き着いた。

 この日、石本君は第1打席でも送りバントをきっちり決め、手応え十分の一日になった。「次も勝ちたい」と、3回戦に向けて気を引き締めた。(岡純太郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン