スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛知)愛知大会4回戦、強豪校敗れる

2019年7月21日03時00分

シェア

 愛知大会11日目の20日は、4回戦が始まり、4球場で計8試合があった。昨夏の甲子園に出場した愛工大名電は誉に敗れた。シード校の享栄も、今春の選抜大会を制した東邦を2回戦で破った星城に負けた。大会12日目の21日も4回戦8試合が予定されている。

 ■ライバルへの思い「悔い残る」 享栄・河田翔太君

 「ツーアウト!」。チームが劣勢でも、享栄の遊撃手・河田翔太君(3年)は最後まで声を出し続けた。投手や内野手に牽制(けんせい)のサインを出し、「自分のプレーで流れを変えてやる」と打球が来るよう念じた。帽子のつばには「日本一のショート」の文字。ライバルを倒して日本一になる。そんな思いを込めて書いた。

 河田君は中学の時、春の選抜大会を制した東邦の石川昂弥(たかや)君(3年)と硬式野球チームで一緒だった。内野手でライバル同士。「東邦にいく石川を倒す」と、県内の私学4強といわれる享栄に入学した。

 新チームになり、中京大中京を甲子園に導いた大藤敏行監督が指揮をとる中、河田君は主将になった。だが、けがをした肩の治療に専念するため、春の県大会後、主将は同級生の三島有貴君(3年)に変わった。「最後まで主将をやりたいという思いはあるけど、引っ張る人がチームにいっぱいいた方が強くなる」。気持ちを切り替え、夏に向けて練習してきた。

 対戦を心待ちにしていたライバルは、2回戦で星城にコールド負けを喫した。試合後、石川君とラインでやりとりした。「お前が負けた相手に勝つ」。石川君から「一番応援する」と返事があった。

 星城のエース石黒佑弥君(3年)についても「いろんなコースをついてくる」と聞き、対策を練った。しかし、この日、チームは石黒君の力強い球をとらえることができず、2―7で敗れた。試合後、河田君は「石川が負けた相手に負けてしまったことが、一番悔いが残る」と話し、手にした帽子を握り締めた。(村上友里)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン