スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

泥まみれの主将、声を上げて泣いた「3年間全部出せた」

2019年7月18日18時53分

シェア

 (18日、高校野球山形大会 米沢中央6―3新庄北)

 九回2死走者なし。3点を追う場面で、新庄北の杉山凜(りん)主将(3年)は打席に立った。放った強い打球は遊撃手のグラブへ。頭から一塁に滑り込んだが、間に合わなかった。試合終了とほぼ同時に降り始めた雨の中、杉山主将は泥まみれで声を上げて泣いた。

 「この1年間、本当に何度も野球をやめようと思った」と振り返る。

 新チーム発足時、チームを変えたいと立候補して主将になった。だが秋の県大会は初戦負け。課題の守備を磨き、迎えた春の大会でも山形商に初戦コールド負けと悔しい結果が続いた。

 そんな時、支えてくれたのは、同じ3年生だ。よく相談相手になったのは、遠藤隆人副主将(3年)。責任感が強い杉山主将に任せきりにせず、「3年全員がキャプテンのつもりで行動で示そう」と呼びかけた。

 この日の米沢中央戦。杉山主将は一回、先制の足がかりとなる中前安打を放つなど5打数4安打。打球の弾道を上げようと取り組んだ練習で培った打撃力を発揮できた。試合には敗れたが、チームの課題だった守備も1失策のみと練習の成果を感じた。

 「ずっと野球と共に生きてきた」とかみしめる杉山主将は、「8割苦しいことだったけど、今日の試合のためだった。3年間を全部出せたかな」。(川野由起)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン