スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「アイラビューマイケル♪」専用応援歌で打率6割超の夏

2019年7月19日10時15分

シェア

 (18日、高校野球佐賀大会 東明館4―2北陵)

 八回裏1死。北陵のスタンドで、野球部の応援団の一人が声を張り上げた。「パーパッ パーパッ パーパ パッパッパッ……パーパッ パーパッ パー」。待ち望んでいたかと言わんばかりに、残る部員たちも口を大きく開け、一斉に歌い始めた。

 アイラービュー、マイケル 打てよ、マイケル 走れ、マイケル 打ってほしい ラララ、マイケル ララーラーララーラー♪

 5番打者のビアイ・マイケル君(3年)専用の応援歌だ。原曲はボーイズ・タウン・ギャングの「君の瞳に恋してる」。ほかの選手だと、好機などには応援歌ではなくチャンステーマが流れるが、マイケル君だけはいつでもこの歌だ。

 母親がフィリピン人、父親はアメリカ人の佐賀市生まれだ。小学生から野球を始め、甲子園に出場経験がある監督の指導を受けようと北陵に入った。

 吉丸信(まこと)監督は最初、見た目の違いからうまく溶け込めるか心配した。だが本人はいつもみんなを笑わせるムードメーカー的な存在に。中軸を任せられる、お手本のような選手になって安心したという。

 応援歌は以前、大阪桐蔭の山本ダンテ武蔵選手の活躍する姿をテレビで見たときに流れていたのを聞き、「リズムが心地よく、聞いた瞬間しっくり来ると思った」と、自身の応援歌にしてもらった。スタンドで応援する同級生の泉透海(すかい)君は「マイケルはよく打つし、ランナーがいなくてもチャンスのように盛り上がる特別な歌」と話す。

 いつもの応援歌が流れる中、3ボール2ストライクから高めの球を捉えた。打球は左中間へ。この試合2本目の安打は二塁打になった。ベース上で右腕を突き上げ、「しゃー」と雄たけび。一体となって沸くベンチとスタンド。

 しかし九回、東明館に3点を奪われ逆転負け。マイケル君はベンチ裏で壁に寄りかかって泣いた。「(打席が回ってきて)自分の応援歌がたくさん聞けるのは、チームが打っているということ。少しでも多く聞こうと思える、いい応援歌に支えられた」。今大会、3試合で11打数7安打3打点。打率6割超だった。(松岡大将)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン