スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田)明桜と能代、4強入り 秋田大会準々決勝2試合

2019年7月18日03時00分

シェア

 第101回全国高校野球選手権秋田大会は17日、秋田市のこまちスタジアムで準々決勝2試合があった。明桜は大曲工を九回に突き放し、能代は大曲にコールド勝ち。それぞれ4強入りした。18日も同スタジアムで準々決勝2試合がある。

 ■「3点以上」目標達成への1発 大曲工・会場達希主将

 「3点以上取ったら負けないチームを作る」が目標だった。第1シードの明桜相手でも3失点以内に抑えなければならなかったが、三回と四回、失策などで3点を失った。「もう1点もやれない」。捕手の会場(あいば)達希主将(3年)ら大曲工のメンバーに緊張感が漂った。

 エース高橋大喜投手(3年)を早く援護したかった。今年の冬、野手のバッティング練習の間に高橋投手が1人黙々と走り込む姿を見ていた。「あいつが走ってるから、うちらも点取れるように頑張ろう」。高橋投手の背中が、野手陣の士気を上げてくれた。

 その高橋投手を、序盤から野手の失策で苦しめていた。七回にも、再び失策から4点目を許した。決めていた「3点」を超えた。「ここで自分が打たないとチームが(勢いに)乗らない」。直後の攻撃で会場選手が打席に入った。

 2球目、直球が真ん中に甘く入ってきた。強振した打球は左翼のフェンスを越えた。拳を突き上げながら、球場の空気が変わったのを感じた。スタンドがどよめく。公式戦初の本塁打は、練習試合のそれとは全く違った。明桜の先発投手を降ろすと、大曲工は連打で1点差に迫った。

 だが九回、またも失策から大量失点し、勝利から遠のいた。試合を終え、思うことは多い。「甲子園で本塁打を打ったらどんなだったか」「明桜の捕手のように、常に笑顔で投手をもり立てられていたら」。それでも、目標の3点は、自分が起点となって取ることができた。「やってきたことは出せた」「最高の1試合にできた」「悔いはないです」。自分に言い聞かせるように取材に答えた。(野城千穂)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク