スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

雪辱果たすため、磨いた制球力 1枚上手だった対戦相手

2019年7月14日17時49分

シェア

 (14日、高校野球山形大会 日大山形10-3山形商)

 「入ったな」。打たれた瞬間そう思った。

 初回、山形商の布施周汰投手(3年)が日大山形の先頭打者に投じた2球目。甘く高めに浮いたチェンジアップを左翼スタンドに運ばれた。

 直後に仲間が反撃し、同点にしてくれたが、三回にも2本の三塁打を打たれるなど立ち直れなかった。

 布施投手は初戦の新庄南戦で5回被安打1の好投を見せていた。横山智也監督は「四死球が少ないのが彼の良いところ」と評価する。

 チームにとって、日大山形は因縁の相手だ。昨秋の県地区予選、今春の県大会準々決勝で連敗している。雪辱を果たそうと、チーム全体で対策を講じた。布施投手も春から制球力を磨いて、この大会に臨んだ。

 しかし、対策を練っていたのは相手も同じだった。変化球を見極められ、ストライクを取りにいった直球を狙われた。三回途中までに6点を失い、マウンドを後輩の金子優真投手(2年)に譲った。

 チームは最後まであきらめなかった。七回裏、1死満塁の好機には、布施投手も「ここで1本」と声援を送ったが及ばなかった。

 「緊張はなかったけど力みがあった」と布施投手は自身の投球を振り返りつつ「後ろを守ってくれた仲間には感謝しかないです」と語った。(鷲田智憲)

話題の記事

ライブ中継をアプリで楽しもう!

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク