スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

コールド負け、40分後の胴上げ…なぜ? 感謝の思い

2019年7月14日15時52分

シェア

 (14日、高校野球福島大会 会津9-0岩瀬農)

 七回コールド負けから約30分後、岩瀬農の4人の3年生選手は球場の外で下級生に胴上げされていた。選手を迎える応援団や保護者も見守る中、浜津信哉監督は「(下級生の)感謝の思いなんですよ」と話した。

 試合は厳しい展開だった。初回に2点を先行され、三回は3連打に失策や四球が絡み、5失点。その中でも原俊輔投手(3年)は笑顔を忘れなかった。「ここでピッチャーが暗い顔になったら、みんなが不安になってしまう」

 9点を追う五回終了後、浜津監督は「明日の新聞の見出しは『会津大勝』か『岩瀬農大逆転』しかない。良い見出しになるようにやろう」と選手たちを激励。原投手も「自分が抑えるから、バッティングをつないで1点ずつ返していこう」と力を込めた。直後の六回表の守備は三者凡退に抑えた。

 しかし、その裏の攻撃では無死二、三塁の好機であと1本が出ず、流れをつかめない。コールド負けを避けることができなかった。浜津監督は「緊張から金縛りのようになっている選手が多かった。練習で技術をうまくすることはできても、気持ちを強くするのは難しい」と振り返った。

 19人の選手のうち、一、二年生が15人を占める。宙を舞った宗形健志主将(3年)は「このメンバーなら、昨年敗れた聖光学院と(4回戦で)対戦するまで勝ち進めると思っていた。終わってしまったという悲しさと、やりきったという思いが交ざったような気持ち」。原投手は「後輩たちには『この一球を取らないと負けてしまう』という緊張感を持って練習に臨んでほしい」と話した。(戸松康雄)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク