スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

サヨナラ3ランを放っても反省「ふがいない投球した」

2019年7月12日20時16分

シェア

 (12日、高校野球福岡大会 小倉8―5宗像)

 5―5の同点で迎えた九回裏無死一、二塁。一打サヨナラの好機で小倉の6番吉川晴朝君(2年)に打順が回った。ベンチから聞こえてきた「頼むぞっ」の声に、「ここしかない」と集中力を高めた。

 2球目。真ん中に甘く入ったスライダーを振った。手応えは十分だった。「真芯に当たった。いった」

 ボールは放物線を描きながら左翼手の頭上を越え、スタンドへ。高校入学後、初のサヨナラ打は、3点本塁打となった。

 打撃の評価を上げた吉川君だったが、エースとして預かったマウンドさばきには課題を残した。

 「ここぞというところで球を置きにいってしまった」と反省するように、193センチの長身から投げ下ろす思い切りの良さは発揮できなかった。腕を振れず、力ない球を打ち返された。六回に三塁打を含む3連打を浴び2失点、九回には勝ち越し打を許した。

 昨夏の北福岡大会で4強に進出した同校だけに、期待は大きい。

 吉川君は「ふがいない投球をしてしまった」と、劇的なサヨナラ勝ちを収めながらも、その余韻に浸ることなく、気を引き締め直していた。(布田一樹)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン