スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

青森)弘前学院聖愛が決勝へ 春季東北高校野球

2019年6月11日03時00分

シェア

 第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞山形総局など後援)は10日、山形県野球場(荘銀・日新スタジアム)で準決勝2試合があり、弘前学院聖愛(青森2位)と明桜(秋田1位)が決勝に進んだ。決勝は、山形県野球場で11日午前10時から予定されている。

 9日の準々決勝では、両校のほか仙台育英(宮城1位)と鶴岡東(山形1位)が勝利し、青森山田は敗退した。

 直前の八回に逆転され、1点を追う立場に追い込まれた九回。走者二、三塁で打席に立つ古舘智礼(2年)のもとに、伝令が駆け寄った。

 「思いっきり振っていけ」。内角のスライダーをたたくと、打球は二塁手のグラブの先を抜けた。土壇場で再びリードを奪う2点適時打。古舘は二塁に滑り込んだ。

 県大会は計4安打。「打者として結果を出せていなかった」と振り返る。プレッシャーがかかる状況でも平常心で打とうと、走者が得点圏にいる場面を想定して打つ練習を重ねた。

 互いに繰り返し逆転する激しい打撃戦になったこの日は、七回にも勝ち越しの適時打を放った。打順は東北大会初戦の5番から3番へと変わったが、「後ろにつなぎ、チャンスで打つ気持ちは変わらない」。決勝の舞台にも、平常心で臨む。(吉備彩日)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン