スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形)鶴岡東8強決める、日大山形は敗退 春季東北大会

2019年6月8日03時00分

シェア

 第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞山形総局など後援)は7日、山形県野球場(荘銀・日新スタジアム)と山形市総合スポーツセンター野球場(きらやかスタジアム)で2回戦6試合があり、鶴岡東(山形1位)が8強入りを決めた。

 鶴岡東は今春の選抜大会に出場した盛岡大付(岩手3位)を破った。日大山形(山形2位)はコールド負けで敗退した。

 また8日は悪天候が予想されるため、日程を1日順延することに決まった。両球場での準々決勝4試合は9日に予定されている。

 ■悔やむリード 夏こそ 日大山形・渡部雅也捕手

 大差をつけられ、初戦敗退となった日大山形。渡部雅也捕手(3年)は「投手の調子が悪い時こそ、自分のリードで立て直さなきゃいけなかった」と悔やんだ。

 先発した田中大聖(ひろたか)投手(3年)は序盤から変化球が決まらず、ボールが先行。ストライクを取ろうと直球を要求すると「待ってました」とばかりに相手打線に狙われる。

 「いったん落ち着け」

 「ワンバウンドしてもいいから、思い切り投げろ」

 何度もマウンドに駆け寄って励まし続けた。

 三回表には、外角の直球を引きつけて右前に適時打を放ち、1点差に迫った。

 だが流れは引き戻せず、直後の三回裏に田中投手が2点本塁打を浴びた。継投した2投手も制球が定まらず、さらに失点を重ねた。

 「あと1カ月、全員で目の色を変えて取り組まなければ、夏の甲子園は夢のまま終わる」。険しい表情のまま、球場を後にした。(西田理人)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン