スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮城)8強出そろう 高校野球・春季東北大会

2019年6月8日03時00分

シェア

 山形県で開かれている第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞山形総局など後援)は7日、2回戦6試合があり、8強が出そろった。宮城県勢の東北学院は花巻東(岩手)に勝利。東北は学法石川(福島)に逆転負けを喫した。

 8日は悪天候が予想されるため、予定された準々決勝4試合は9日に順延された。県勢は仙台育英が東日大昌平(福島)と、東北学院が弘前学院聖愛(青森)と戦う。以降の日程は1日ずつ順延する。

 ■ベンチの経験糧に 前向き 東北・石川原太陽主将

 一回裏、東北の先頭打者の石川原太陽主将(3年)は、2カ月ぶりに立った打席で雄たけびをあげた。「久しぶりに野球をできるのがうれしかった」。直球を捉えて一塁に出ると、古山慎悟君(3年)の適時打で同点のホームを踏んだ。

 4月に自転車に乗っていて左手首をけがしてしまい、5月の県大会はベンチで見守った。試合に出られない悔しさの一方、収穫もあった。ピンチになると選手が下を向くのに気づいたのだ。

 勝ちにこだわりすぎてプレーが硬くなっていると思い、部員に「楽しく野球をやろう」と呼びかけた。試合中に声を出す選手が増え、県大会はノーシードから準優勝をつかんだ。「ベンチにいたから見えるものがあった」と、2カ月の悔しさを前向きに考えた。

 この日、東北は九回2死までリードしたが、土壇場で逆転負け。「悔しいが、相手のベンチの雰囲気の方が上だった」。この悔しさは夏に晴らすつもりだ。(申知仁)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン