スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岩手)盛岡大付、日大東北に快勝 春季東北高校野球

2019年6月7日03時00分

シェア

 第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞山形総局など後援)が6日、山形県で開幕した。1、2回戦計4試合が行われ、県勢は盛岡大付(岩手3位)が日大東北(福島3位)を5―1で破った。7日は花巻東(岩手1位)が東北学院(宮城3位)、盛岡四(岩手2位)が青森山田(青森1位)、盛岡大付が鶴岡東(山形1位)とそれぞれ対戦する。

 ■「絶対に打つ」復調の兆し 盛岡大付・及川主将

 四回裏2死三塁、盛岡大付の及川温大主将(3年)が打席に立った。4点差をつけていたが、自身は県大会から6打席連続で無安打だった。「絶対に打つ」。5球目。内角高めの球をフルスイングして右前に運び三塁走者を生還させた。

 県大会では打撃が振るわず苦しんだ。3位決定戦では2打席とも凡打。暑さに体力を奪われ全力で振り込めず、自信を失っていた。そんな自分が嫌で、数日前から1日500本の振り込みを開始。この日は右手首が痛みだしたためテーピングをして試合に臨んだ。

 東北大会の目標は決勝戦までの全5試合を戦うこと。第3代表になった分、上位代表より場数が踏めると前向きに捉える。「勝つために明日は今日より成長して挑みたい。最後の年に後悔したくないんで」。復調の兆しを見せ、笑みがこぼれた。(御船紗子)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン