スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮城)高校野球 東北学院と仙台育英が初戦突破

2019年6月7日03時00分

シェア

 第66回春季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞山形総局など後援)が6日、山形県で開幕し、1、2回戦の計4試合があった。宮城県勢は仙台育英が秋田中央に、東北学院が山形学院にそれぞれコールド勝ちした。7日は2回戦で東北が学法石川(福島)と、東北学院が花巻東(岩手)と戦う。

 ■勢いに乗り公式戦初本塁打 東北学院・佐藤奎斗君

 大会初出場で初戦に臨んだ東北学院は、6本の長打を含む10安打で山形学院にコールド勝ち。チームの勢いに乗って、佐藤奎斗(けいと)君(3年)は自身で公式戦初となる本塁打を放った。

 三回裏2死二塁で打席に立った。このイニングで9人目の打者。ホームランは考えておらず、「次につなぐ意識だった」という。得意な内角の直球をとらえ、右翼席に運んだ。「気持ちよかった」。塁を回りながら、右手を高く突き上げた。打撃練習でマウンドの手前から投げてもらい、速い直球への対応力を鍛えてきた成果が出た。

 「チームに貢献できた」と笑顔を見せると、「明日も強い学校との連戦になる。切り替えていきたい」と引き締めた。(申知仁)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン