スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石川)星稜が3連覇 奥川11奪三振 北信越高校野球

2019年6月5日03時00分

シェア

 第140回北信越地区高校野球大会(北信越地区高校野球連盟主催)の決勝戦が4日、富山市民球場=富山市=であった。星稜は、敦賀気比(福井)に3―1で勝利。北信越大会で3季連続20回目の優勝を果たした。

 平日にもかかわらず、富山市民球場には多くの観客が駆けつけた。そして、背番号1の一挙手一投足を食い入るように見つめた。

 マウンドには、星稜のエース奥川恭伸(やすのぶ)(3年)がいた。

 プロ注目の好投手。最初の見せ場は1点リードされた六回裏。敦賀気比は4番の木下元秀(3年)が打席に入った。

 四回裏、甘く入ったフォークを木下に左中間に運ばれ、先制の三塁打になっていた。「今回はやり返してやる」。奥川はギアをトップに入れた。

 捕手の山瀬慎之助(3年)とのサイン交換はすぐに終わった。選んだのは直球。「打たれたことで、いい意味で力めていた」と奥川。3球続けて投じ、三振に。「イメージ通りでした」

 八回1死からも、木下を含む5者から連続三振を奪って見せた。終わってみれば、9回1失点11奪三振。150キロ台の直球とスライダーのコンビネーションに加え、三塁打を放った木下が「打ったのは直球」と勘違いするほど、フォークもさえていた。

 山瀬は「ミットの芯にズシッとくる。他のピッチャーとは全く別の感覚」。山下智将(としまさ)監督も「試合終盤になっても、気持ちのこもったいいボールを投げてくれた。六回に木下君を三振にとった後は、ベンチの雰囲気が明るくなった」と称賛した。

 奥川は「喜ぶのは今日まで。明日からは、気持ちを切り替えてまた練習を頑張ります」。最後の夏に向けさらなる進化を誓った。=敬称略(岡純太郎)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン

最新視聴ランキング

バーチャル高校野球で昨日 一番視聴された動画は!? 見逃してないか今すぐチェックしよう!!

代表校

都道府県名をクリックすると、各地域の最新ニュースや出場校紹介の動画をご覧になれます。

ソーシャルアカウント一覧

高校野球の最新情報や番組情報などを配信中!フォローしてあなたも「高校野球情報通」になろう!!

  • スマホアプリで高校野球を楽しもう
  • 第101回オフィシャルグッズ
  • 熱闘甲子園
  • 速報!甲子園への道
  • 号泣甲子園
  • 新たに刻む、ぼくらの軌跡
  • 高校野球DVD販売サイト
  • 地方大会の写真販売
  • 観戦記念号外

関連リンク