スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山口)高川学園 優勝あと1歩 打撃戦力尽きる

2019年6月4日03時00分

シェア

 第132回春季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)の決勝が3日、広島県三次市の三次きんさいスタジアムであった。延長戦の末、関西(岡山)が高川学園(山口)を9―8で破り、春と秋を通じて13季ぶり11度目の優勝に輝いた。春の大会の優勝は13年ぶり5度目。

 172センチの身長に、体重85キロとチーム一の大柄。三家本大和君(3年)は体格を生かした長打はもちろん、場面に応じて広角に打ち分ける器用さも持ち合わせる。

 1点リードの五回、1死二、三塁。関西の二番手、赤穂旺亮君(3年)の投じた5球目。三家本君は低めの変化球に体勢を崩しながらもバットを合わせ、右前2点適時打。「なんとか食らいついた」と振り返った。

 4月の春季県大会以降は、速球派の投手に対応しようと、プロ並みの140キロに設定したピッチングマシンを、マウンドより前に設置。連日打ち込みを繰り返して目を慣らしてきた。練習の成果が出た今大会は、決勝までの2試合で7打数4安打3打点。出塁率は六割を超す。この日も鍛えた選球眼で2四球を選ぶなど、何度も好機を演出した。

 課題は気持ちの弱さ。この日、同点に追いつかれた直後の九回1死の場面では、相手投手の白井裕斗君(3年)の気迫に押され、狙っていた直球を詰まらされた。十一回の1死一塁の場面は左飛。「弱気になってしまった」と三家本君は話す。

 高川学園は、昨秋の新チーム発足後、公式戦では初黒星を喫した。三家本君は「今日の負けをいかして、これから死にものぐるいで練習し、絶対に甲子園に行く」と誓った。(藤牧幸一)

話題の記事

スポーツブルアプリアイコン